解読困難な韓国語は勉強するだけじゃダメ!

ウーマン

どこまで学びたいか明確に

韓国語

耳を慣らすことが大切

韓国語の勉強をしようと考える時には、自分はどの程度のレベルまで勉強したいのかを明確にする必要があります。例えば、初級程度でいいのか上級まで目指すのかによって、意気込みも取り組み方も変化してきます。韓国語は日本語との語順が同じであることから、英語よりもマスターしやすいと感じる人もいる語学です。しかしながら、濃音や激音など日本語にはなじみのない発音方法などもあるため、ネイティブに確実に通じるためには練習が必要になります。また、韓国語の勉強に欠かせないハングル文字も早い段階から読めるようにならないと、テキストを理解するのに苦しむでしょう。韓国語を勉強するにあたって、目標が欲しい場合には韓国語能力検定やハングル能力検定などをめざすのも一つです。レベル別に受験ができるため自分がどの程度のレベルなのかを知る指標にもなります。初級レベルは大学の第二外国語を専攻するだけでも習得できますが、中級以上の場合には語学教室に通ったり、日常から韓国語に触れる練習をする努力が必要です。中級以上になると、日常の会話もスムーズにできるようになるため、聞き取りに慣らすことや、発音をきれいにすることなども勉強する必要があります。韓国語を学習してどのように活用したいのかによって、増やす語彙にも違いがあります。ビジネスシーンで活用したい場合には、活用する分野で使用するボキャブラリーも覚えるのがポイントです。一方、旅行やK-POPアイドルのファンミーティングなどに参加するためであれば、それに特化したボキャブラリーを増やすとよいでしょう。