解読困難な韓国語は勉強するだけじゃダメ!

女の人

ハングルスタディー

韓国語の勉強は日本人にとっては上達しやすく、モチベーションが維持しやすい言語です。早く覚えたい人はスクールを積極的に利用してみましょう。また韓国ドラマのセリフを言ってみたり、歌を歌ってみると継続的な勉強ができます。

幅広い世代に選ばれる理由

勉学

韓国語を日本で勉強する人は多く、文化の人気や日本語と類似している文法や発音であったりするので、外国語の分野では特に人気があります。日本との距離も近いため、将来的に活かしていけるメリットも持ちます。韓国語を習得するには、講座を利用した勉強方法が、分かりやすく気軽に学んでいけるところがあります。

どこまで学びたいか明確に

韓国語

韓国語を勉強したい場合には、自身が使いたいシーンに合わせて勉強することが大切です。聞き取りやハングル文字の習得に加えて発音なども勉強する必要があります。また、韓国語を使いたい分野に特化したボキャブラリーを増やすことも大切です。

記号化されている文字

教材

しっかり基礎が身に付く

簡単な日常会話レベルを目標に、発音や会話を習得するならば、対人関係での会話のマスターでも十分に学ぶことは可能ですが、韓国語の勉強では、教材を用いる通信講座を利用することが適しています。学生支援を目的に、大学などで開催しているケースもあったり、一般の方にも開かれた講座として受講できるキャンパスも申込みで利用できます。生涯学習として資料を取り寄せて、はがきやウェブなどからの申込み後、教材などが届くのが、利用までの一般的な流れです。何故に教材を必要とするのか、韓国語は語系が日本語と同じで、アジアの中でも学びやすい言語の1つですが、勉強には文字や文法も学ぶ必要があります。基礎であるハングル文字を構成している子音と母音、パッチムなどを学ぶには教材は重要なアイテムで、自分の名前や身近な物をハングルで書くことを初級レベルではスタートさせます。韓国語の勉強は継続が肝心で、記号にしか見えない文字も、基礎の復習によって韓国語として認識でき、更なる応用力を身に付けられます。通信講座では、韓国語の文字を覚えるコツを発音と共に勉強することで、初めての方に優しい講座とも評価され、一例には、特徴となる文字の二重母音や終声について勉強します。もちろん、発音の規則となる激音、濃音なども合わせて習得でき、アンニョンハセヨなどの挨拶など、韓国をもっと身近に感じる使える教材が提供されています。教材内容も、通信講座によって一概にはいえないものの、聞き流すことで聞き取る耳が自然に磨かれるCDやガイドブック、ウォーミングアップから本テキスト、添削関係書類などが提供されています。